instagram

ブログ

着物プラザ和幸のブログです

淡い紫色の着物と、「博多帯」

桜が咲いたと思いきや、花散らしの雨が続き気がつくと葉桜が目立つ時期となりましたね。
一年の中でも桜の咲く頃が一番好きなのですが、今年の桜は早咲きなのにあっという間に終わってしまった気がします。

さて、先日始めて着物を購入するので、使いやすい素敵な着物を見立てて欲しいと要望のお客様がいらっしゃいました。私も始めて自分用の着物を購入した時の事が懐かしく感じます。

幸手市からわざわざいらしたお客様で何でもお話を聞いていると、後日お見合いがあるそうで、日本人らしい着物を着てお会いしたいとのこと。特別な日を着物でと考えるのは年代問わず素敵なことですよね。

そんな女性におすすめしましたのは、淡い紫色の着物と、「博多帯」をご紹介致しました。
黒田長政が江戸幕府への献上品として博多織の帯を献上したのが始まりとなり、「博多帯」は一年中通して使えることや、和装の初心者でも結びやすいので、着物に慣れていない方にもおすすめしやすいのです。

夏になれば浴衣との合わせも美しく、ハリのある帯なのできちんとして見えるのも博多帯の特徴になります。

着物は合わせ次第で着る方の魅力を引き出してくれるとても素晴らしい装いです。
桜は散ってしまいましたが、素敵な着物がお役に立てると嬉しいです。

お問い合わせ

PAGE TOP